class

授業について

 数理工学科の授業科目は、大きく分けて「数理工学専門科目」と「融合テーマ専門科目」として構成されています。

概略
数理工学科の専門科目

 数理工学科の専門科目は、数学がメインとなります。3年生になると、より高度な数学を学ぶことができます。例えば、確率論、統計学、関数論、暗号理論等があります。さらに、4年生では、卒業論文があります。これは、自分が更に極めてみたい数学の分野を選択し、その分野の先生のもとで1年間に渡ってゼミナール形式の授業を行います。毎回の授業の主役は自分自身です。

融合テーマ専門科目(工学部諸学科の講義)

 融合テーマ専門科目は、数学以外の科目がメインになります。なぜ、数学以外の工学的な授業を 学ぶ必要があるのかと思うかもしれません。しかし、他学科の内容を知ることは大切なことです。なぜかというと、数理工学科は工学部に属する学科であるからです。「数理工学科について」のページにも書きましたが、数理工学科は現実社会にある問題に数理工学的なアプローチが出きる学生を育成していく事を目的としています。そのためには、問題がどういうものか知らなければなりません。そういった意味で、工学部の他学科の講義を受講することは大変意義あるものです。

教員免許の取得

 所定の学科目の単位を修得することにより、高等学校教諭一種免許状(数学)の教員免許を取得できます。編入学生も同様に取得できます。